1: ◆GinGao/Coo @銀河φ ★ 2014/01/03(金) 17:24:28.17 ID:???0

三島、63年ノーベル賞候補 最終6人に残り、あと一歩

 【ストックホルム共同】

 小説家の三島由紀夫(1925~70年)が1963年に初めてノーベル文学賞の候補になっていたことが3日、選考主体のスウェーデン・アカデミーの新資料で明らかになった。三島は「技巧的な才能」に注目され、最終選考の対象となる6人の候補まで残っており、受賞に非常に近い位置にいたことが裏付けられた。

 三島が文学賞候補だったことは、共同通信の請求に応じて同アカデミーが開示した資料で初めて正式に確認された。三島の他に小説家の谷崎潤一郎と川端康成らも名を連ね、日本人4人が候補となっていた。

1963年のノーベル文学賞選考資料に候補として記された三島由紀夫の名前(中央)=ストックホルム(共同)
47b14f08.jpg



2014/01/03 16:49 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014010301001074.html



4: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:26:09.85 ID:vCvAZeZ+0

一番有名なのは「金閣寺」か


18: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:29:49.61 ID:BTQDfmcp0

>>4
連れがそのビデオ持ってた


248: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 19:57:40.58 ID:Lr501MMQ0

>>4
外人にとっては潮騒じゃないか。


5: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:26:10.41 ID:jPWMj3NI0

文学賞なんてやめろよ下らねえ


21: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:30:49.66 ID:xi0djogf0

>>5
ノーベルの遺言のなかに「文学賞をつくってくれ」って書いてあるんだよ。

ノーベルが死んだころは、まだ社会学とか心理学とかが始まったばかりで、
人間や社会について考えるジャンルといえば文学だったんだわ。


6: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:26:10.69 ID:5g7TC51f0

村上春樹はノミネートされた事ないんだっけ?


28: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:33:40.23 ID:+0SxyjAb0

>>6
何を言ってるんだ君は?


7: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:26:13.43 ID:FcBkNYs40

50年経過すると公表されるんだよな


11: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:27:40.73 ID:yyI4zOwB0

輪廻転生


12: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:28:18.10 ID:hGw5CbB10

三島って外国にも通じる普遍性があるのかのう?


243: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 19:51:35.55 ID:ovH/9a1q0

>>12
民族性や伝統と、グローバリズムやインターナショナリズムとの相克
というテーマが世界的に普遍性があって
大江健三郎みたいなノーベル賞獲ったカス作家より
遥かに海外で人気があり読まれている


13: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:28:21.18 ID:ZpxlAfRAi

奔馬のラスト1行にシビれた。


15: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:28:29.86 ID:WO+h2Y5b0

もしとってたら自決してないかもな
しかしそうなるとどういう未来になってたのか興味あるね


16: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:28:56.17 ID:c8CZd5O+0

読んだことないけど三島ってそんなに凄いのか?
他の作家と何が違うの?
太宰は2作だけ読んでおなかいっぱいだからもういい


33: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:35:33.72 ID:+0SxyjAb0

>>16
何と何を読んだんだろう

新釈諸国噺とかは読んだんかな


41: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:38:10.44 ID:b+pIzDIq0

>>16
言葉を良く知っているから
綺麗な文章だよ
わかりやすいし
現代ではあまり使われないけど
知っていると有用な綺麗な言葉をたくさん学べる
三島や太宰読むと
現代小説つまらんわ

技巧の才能というのはよく分かる
ノーベル賞ってやっぱり良く見ているんだなあ


58: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:46:18.52 ID:p9aUxi0C0

>>41
松本清張による分析がいちばん納得できるけどな。

「人生経験が豊富でない作家は文章が上手い。三島の小さな情景から心象風景を展開する能力は素晴らしい。
 そうして、感受性と才能で小説を書いていくが、それだけでは続かないので題材を探しまわることになる。
 つまり、三島や大江には、「小説」はあるが「イデオロギー」は無かった」

というやつ。三島の小説で真に迫ってるのは●モネタくらいで、後はもう、付け焼き刃じゃん。
「コインロッカー・ベイビーズ」のあとの村上龍も同じなんだよな。とくに書き続けたいことはないから、その時々で社会問題になってることを
題材にして色々と手をつける。一方の村上春樹は、資質的に前述した三島や大江のように感性的なタイプに見受けられるが、
書きたいことが明確なので基本的に同じようなことを何十年も掘り続けてる。


64: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:50:16.08 ID:TkrA//Ib0

川端、大江なんかより
三島、遠藤の方が遥かに上だわ

>>58
イデオロギーに支配されてるヤツが芸術を語るなよ
芸術は普遍を語るもので、イデオロギーみたいな一時代の思想はどうだっていいんだよ
何も分かってないよ、おまえ


20: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:30:46.47 ID:vCvAZeZ+0

ボディビルの写真が印象に残ってる
作家で右翼って珍しいだろ


25: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:32:15.14 ID:DT0L55gu0

三島作品は金閣寺しか読んだこと無いおれにお勧め作を教えて下さい
次何読んでいいのか判らくなってちょっと離れてしまってた


34: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:36:11.86 ID:Y9rMCDTF0

>>25
禁色


40: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:37:57.56 ID:yyI4zOwB0

>>25
仮面の告白


154: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 18:24:58.63 ID:T9VsI7Gc0

>>25
「もし、忙しい人が、私の小説の中から一編だけ、三島のよいところ悪いところすべてを凝縮したエキスのやうな小説を読みたいと求めたら、
『憂国』の一編をよんでもらえばよい」「小品ながら、私のすべてがこめられている」

なんでおまえらネトウヨのくせしてこれを挙げんのだ しかもほんの30ページ
すげえぞ この前も外国の現代文学読んでたら作中で作家が「ミシマの憂国を読んだ。何だこれは凄すぎる。ガイキチだ…」


165: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 18:31:07.26 ID:xhf41yxd0

>>154
それだと「英霊の聲」とセットでオススメしたい


285: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 20:37:59.81 ID:YXOzDRat0

>>154
>この前も外国の現代文学読んでたら作中で作家が「ミシマの憂国を読んだ。何だこれは凄すぎる。ガイキチだ…」
それユルスナールの三島論だろ
ユルスナールもナチの将校の恋人だったりと三島と親和性はある人だけど
あの本はかなり偏った三島観だと思うけどねえ


38: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:37:37.20 ID:I7HL4lyH0

これ、過去に聞いた事があるぞ。三島が候補に挙がる臭いと噂になったが
三島自身はきっと受賞するのは大江健三郎だ、と言ったとか。


44: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:39:10.43 ID:xi0djogf0

そういや、ヘンリー・S・ストークスという、かつて三島由紀夫と
つきあいのあったイギリス人ジャーナリストが『英国人記者が見た
連合国戦勝史観の虚妄』という本を出したんだけど、このなかで
三島由紀夫とのやりとりについて書いているな。


45: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:40:22.45 ID:p9aUxi0C0

え? これ前に聞いたことあるけどな。本当に初出か?? 前のは匿名のリークだったんだろうか。


46: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:41:08.47 ID:L8Auf48h0

受賞云々はどうでもいいけど、受賞コメントは聞いてみたかった

なに言い出すかわかんねw
辞退もあるかもw


47: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:41:23.04 ID:vUlMo+gq0

三島は本当に天才だったからなー
若い頃から、あの文学表現は凄すぎるわ


48: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:41:41.37 ID:h0Jbh46R0

理詰めで頭で考えて書いてる感じがする。
所謂天才肌ではないけど、そこがいい。


50: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:43:09.16 ID:4t1rhqx/0

川端が受賞したから谷崎は受賞出来ず
三島が死んだから大江が受賞出来た?


51: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:43:53.96 ID:b+pIzDIq0

小学生の時の作文やら小説は
子供のレベルじゃないよね


52: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:44:00.83 ID:7h36fn4Q0

前から噂さは出てたからね


56: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:45:46.28 ID:HIJGM1hn0

美輪さんが昔そういってたような・・
たしか、あいつは右翼だって噂ながされて
それで受賞のがしてがっかりしてたとか
なんとか・・・・。
今から考えたら、いったい誰が流した噂なのか
大体想像つくわな


60: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:48:29.41 ID:leJFjsJX0

>三島の他に小説家の谷崎潤一郎と川端康成らも名を連ね、日本人4人が候補となっていた。

あと一人の名も挙げてあげなよ。仲間外れカワイソウ


63: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:49:15.33 ID:p9aUxi0C0

>>60
安部公房じゃないの? 


84: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:58:17.53 ID:+OpiT5+4O

>>63
たぶん、安部はもうちょっと後だろ
西脇順三郎も候補だったと俺は聞いたけど


88: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:59:39.82 ID:DFVMHEFI0

>>63
安倍はもうちょっと後の時代のイメージ。
「砂の女」は1962年刊だし。


78: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:56:22.74 ID:vUlMo+gq0

>>60
井上靖じゃね?


93: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 18:00:37.58 ID:IiOP0nYM0

>>60 加賀乙彦もだった気が
遠藤周作はソープの石鹸をみてアウシュビッツの石鹸を思い出して
自分の汚さに泣いちゃうとこがダメなんじゃないかと思うの


132: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 18:15:01.87 ID:J29sYelk0

>>93
加賀乙彦ってそんなに評価されてたのか
禿げてるイメージしかない
今度読んでみるわ


67: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:52:17.66 ID:jVnjm9KY0

あの文章を英訳できるのにビックリだわ
日本語でも読むのしんどいのに


69: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:53:04.95 ID:xTBeR1B30

文章が綺麗だよねえ
音楽のようでもあり、絵画のようでもある
芸術だ


72: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:54:04.02 ID:BMOcyO9V0

市ヶ谷で自裁したときの年齢が45
いま現在の日本にあれだけの教養と面構えを持った45才がどこに居るよ
なんか虚しい男ばかりが幅を利かせてる TV 新聞つまらん男映すな、載せるな


74: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:55:10.69 ID:eD0qzHoP0

三島の文体は装飾しすぎで嫌いなんだ
俺は森鴎外のシンプルな文体が好き


76: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:56:13.18 ID:jVnjm9KY0

俺は谷崎の文章が好きだわ
読みやすいし、美しい


79: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:56:37.62 ID:p9aUxi0C0

三島とカポーティーに交流があったというのが面白いんだよな。両方とも早熟の天才で、なおかつ男色の気があるから、
非常に興味深いが、このへんにまつわる資料が殆ど無い。周辺の関係者ももう生きてないだろうしな。


82: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:57:56.38 ID:PUDjySXj0

もうそんな時季か。
早いなぁ。


83: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:58:17.41 ID:nXL86o4D0

川端さんじゃなくて三島が受賞してれば、二人ともあんな死に方をせずに済んだかも知れない。


87: 名無しさん@恐縮です 2014/01/03(金) 17:58:30.18 ID:vUlMo+gq0

俺は安部公房がノーベル賞をずっととると思ってたけどな
あの比喩表現は国境を越えて普遍的なものだわ


引用元: http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1388737468/